ぽっこりお腹を引き締めたい!EMSとHIITとファスティングで!

バタフライアブスのプログラムモードってどんなパターンがあるの?やってみた感想と解説

バタフライアブスを続けて2週間ほどです。ちょっとお腹がすっきりしてきた感があります。

でもまだまだ、腹筋の形がわかるほどに鍛えられるには毎日やって2,3ヶ月はかかりそうです。

 

バタフライアブスにはブログラムモードが6つあります。

毎日同じパターンだと飽きてしまうので、いろいろと変えてやっています。

一つ一つどんな感じかレビューしたいと思います。

バタフライアブスのプログラムモードとは?

バタフライアブスにはシックスパッドのようなスマホと連携してトレーニングを管理する機能はありません。

単調になりがちになってしまいますね。

でも、バタフライアブスにはプログラムモードがあります。

電気刺激のオン・オフのパターンを変えています。

取説にはプログラムパターンに名称がついているので見てみましょう。

バタフライアブスのプログラムパターン

シックスパッドの場合パターンを選ぶことはできません。

シックスパッドはオートでおまかせパターンです。

23分のトレーニング中、5分ごとにちょっとした休憩パターンがあります。

その間のトレーニングモード中は、グワーーーーグワグワグワっと複雑なパターンで刺激がきます。

 

バタフライアブスは、いろいろ自分で選べますが自動的にプログラマムが切り替わるわけではありません。

また、パターンといっても複雑なものではなく、オンとオフの長さの組み合わせだけです。

細かなパターンの変動はありません。

それでもそれぞれのプログラムには特徴がありますので、試しながらその日の気分で選んでみましょう!

プログラム1:初心者ビギナーモード 20分 オン2.5秒、オフ2.5秒

はじめてバタフライアブスをやる人はこれからやってみましょう

オン・オフの時間がそれぞれ2.5秒づつなので、強度弱め(1〜3)でやってみましょう。

時間も20分ほどなので、テレビを見ながらつけておけばすぐに終わります。

パターンにものたりなくなったら。次のプログラムを選択してみましょう。

プログラム2:エクササイズモード 25分 オン3.5秒、オフ3.5秒

初心者ビギナーモードからオンオフとも1秒長くなっています。

まだ軽めのモードです。

気軽に取り組みたい時に選択してみてください。

プログラム3,シェイプアップモード 30分 オン4.5秒、オフ4.5秒

オンオフ共に4.5秒となると、ジワーッとドッシリ腹筋に効いてきます。

電気刺激のある時に腹筋に力を入れてあげると効果的です。

強度も5以上でやるといいでしょう。

プログラム4:中級スリムボディモード 40分、オン5.5秒、オフ5.5秒

時間が一番長いので、結構使っているモードです。40分もあるし、オンの時間も5.5秒と長いので、強度5以上でやれば耐えがいがあります。

こちらもオンの時に息を吐きがなら下っ腹に力をいれて膨らませてあげる(腹圧を意識する)と、疲労にも強くなる体が出来てきます。

プログラム5:メリハリボディモード 30分、オン0.15秒、オフ0.15秒

オンオフがとても短い周期で繰り返されます。

普通、自力でやる腹筋で感じる刺激ではないので面白くたまにやっています。

プログラム6:上級者アスリートモード 30分、オン4秒、オフ4秒

自分的にはプログラム4が時間的にも長いのでこちらはあまりやりませんが、オンオフの時間が適度で、筋肉に良い緊張を保ちます。

耐えられれば最高強度でやってみるのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

単調と思えるプログラムモードでも、だいぶ特徴づけられています。

スマホとの連携はありませんが、それはそれで割り切った機能で必要十分です。

これで価格が1万円ほどでできてしまいます。

バタフライアブス(EMS)ってどうなの?効くの?って遠巻きに見ている方、

30日間返品保証もありますから、試してみてはいかがでしょうか?