ぽっこりお腹を引き締めたい!EMSとHIITとファスティングで!

次の夏までに腹筋を割りたい!冬から始める楽な腹筋運動とは?

40代の男性でお腹が出ていない人はどれくらいいるでしょうか?

もともと痩せ型だったり、ガンガン鍛えてる人で腹筋が割れている人はいることはいますが、

大抵の人は、次第に運動する意欲も、体を鍛える意欲も薄れてきて、食べ放題状態。。

単純に見た目だけでなく大切な健康状態にも違いが出てきてしまいます。

腹筋を割りたいけど激しい運動はしたくない。。

という人にどうすれば腹筋が割れるかについて解説していきます。

参考にして腹筋を割りすっきりとしたスタイルと健康に差をつけてしまいましょう!

腹筋を割りたい?そもそも腹筋は割れている!

どうしたら腹筋が割れるでしょうか??

なんて考えはそもそも間違いてす。

腹筋とは健常者なら誰でも発達しています。

腹筋は特に立っているときに姿勢をキープするときに使われますから誰でも必須の筋肉なのです。

運動不足や肥満などによりお腹が出てしまい腹筋が脂肪に隠れてしまっているだけということになります。

お腹についている脂肪がなくなってしまえば、無理に身体を鍛えなくても割れた腹筋が姿を現わします!

ですから、腹筋を割りたい、すっきりとしたお腹を見せたい!と考えるとき

脂肪を燃やし減らすことも考えなくてはいけません。

それから、これ以上、脂肪を増やさないことも重要です!

と、いうことは。。やはり食生活の見直しも必須なんです。

もちろんすでに割れている腹筋を鍛えて太くする必要もあります!

筋肉が増えればそれだけ基礎代謝が増えて脂肪が燃えやすくなります。

あきらめずにトライし続けましょう。

無理のない腹筋のやり方

腹筋はやり方によっては腰を痛めてしまったりすることがあります。

腹筋運動というと足を固定して反動をつけて起き上がる腹筋を連想するでしょう。

しかしこの腹筋は、昔のやり方であり腹筋をピンポイントで鍛えるには適していないのです。

反動をつけることにより骨などに負担がくることも分かっています。

正しい腹筋は以下の通りです。

  1. 膝を曲げる
  2. 肩甲骨が床から離れる位置でストップ
  3. 鳩尾「きゅうび、みぞおち」を目で見るイメージ

またゆっくりやることにより、筋肉や骨などの負担も減り安全に鍛えることができます。

腹筋だけでなく、スクワットも有効

腹筋を割りたい人にオススメなのがスクワットです。

大きな太ももの筋肉を鍛えることにより、基礎代謝がアップします。

スクワットというと反動をつけてしゃがみ、勢いよく立ち上がるイメージが持つ人が多いです。

簡単な運動ですが正しく出来ている人が少ないのもスクワットの特徴です。

正しいスクワットとは。。

正しいスクワットのやり方は以下の通りです。

動作を「ゆっくり」にすることを心がけましょう。

  1. 足を肩幅程度に開く
  2. 膝が爪先より出ないように、息を吸いつつ2,3秒かけて「ゆっくり」腰を落としていく
  3. 膝関節が90度の位置でストップ
  4. 息を吐きつつ、太ももの筋肉に力を入れることを意識しながら、2,3秒かけて「ゆっくり」元の位置にもどる

特に重要なのが膝が爪先より出ないことです。

出てしまうと膝関節に負担がかかり膝痛の原因になりますら注意しましょう。

スクワットで鍛えられる筋肉

スクワットで鍛えられるのは、太ももだけど思っている人が多いのではないでしょうか?

もちろん太ももは、鍛えられますがさらに以下の筋肉も鍛えられるんです。

  • 太ももの前(大腿四頭筋)
  • 太ももの後ろ(ハムストリング)
  • お尻(大臀筋)

以上が中心に鍛えられますが、、

  • 腹直筋
  • 腹横筋
  • 腹斜筋
  • 腸腰筋

などの体幹維持に必要なお腹周りの腹筋群も同時に鍛えられます

腰痛で腹筋が上手くできない人などは、スクワットを取り入れてお腹の筋肉を鍛えることをオススメします。

脂肪を落としつつ腹筋を鍛える

腹筋の姿を見せるには体脂肪率をどのくらいまで落とせばいいでしょうか?

腹筋を毎日してもお腹が割れない人もいます。

原因としてはやはり脂肪です。

身体を占める体脂肪がある程度の数値までいかないと腹筋は割れないことがわかっています。

女性は胸がありますから男性の数値にプラス2したものが目安と考えます。

  • ポッコリお腹 25%以上
  • 標準的  19〜22%
  • うっすら割れる 15~18%
  • 割れる 10〜14%
  • かなり割れる 8〜9%
  • バキバキ腹筋  7%以下

というデータを参考にして体脂肪を計っておくのが良いです。

まずは15パーセントを目指してみるのがオススメ。

トレーニングは成果が見えるとモチベーションが変わります。

うっすら見えてきたら目標に近づいているのですからやる気も高まるでしょう。

食生活の見直しこそが必要!

発達したバリバリの腹筋を6パックなどと呼びます。

バリバリの腹筋というとボディビルダーが代表的です。

ボディビルダーがトレーニングと同じくらいこだわるのが食事です!

身体を鍛えてもお腹がぽっこりしているなら食生活を見直す必要があります。

基本的には高タンパク低カロリーの食事が身体をシェイプするのに適しています。

炭水化物ダイエットも流行りましたが、炭水化物は体を動かすガソリンのようなものですから

無理に減らすのはオススメはしません。

何事もバランスです。

炭水化物は夕食時に減らす程度にすませて、

プロテインなどを上手に食生活に取り入れ筋肉がつきやすい身体に変えていきましょう。

まとめ

腹筋を割りたい人にオススメのトレーニングや食生活について調べてきました。

調べていくと腹筋が割れない理由と腹筋を割る方法が明確になってきましたね。

一通り読んでいただければ、腹筋を割るポイントが分かっていただけるでしょう。

どうしても食生活を改善するのが難しい人には、ファスティング(絶食)で酵素ドリンクなどを取り入れてみるのがオススメです。

取り入れることにより脂肪が落ち、腹筋を割るスピードが速くなるでしょう。

腹筋を割るのに、年齢は関係ありません。

アラフォーやアラフィフでも全然遅くはありませんから。

正しい方法で腹筋を割りすっきりとしたスタイルと健康を手に入れましょう!