ぽっこりお腹を引き締めたい!EMSとファスティングで!

シックスパッドのジェルの貼り方・交換時期・交換の仕方は?

シックスパッドのジェルシートはとても高価ですよね。

そんなジェルシートが使い始めて間もなく本体から剥がれてしまったら大変です!

体側にはりついたジェルーシートを本体に元通りに貼り直すのはほぼ不可能です。

変形してしまい、元の平らなシートに引き延ばせなくなってしうためです。

そんなことにならないように、初めにしっかりと本体に貼り付けておきましょう!

 

また、ジェルパッドの気になる交換時期も考えてみましょう!

シックスパッドのジェルシートの貼り方

透明な保護シート面は表側です。

こちらから剥がしてはいけません。

シックスパッド・ジェルシート表側

「SIXPAD」と文字が入っている方から剥がして本体に貼り付けます。

シックスパッド・ジェルシート裏側

裏面保護シートが剥がしにくい。。コツは。。

真ん中が割れているので反り返してむきましょう!

反り返しただけではこんなに簡単には向けませんので切れ目をちょっと引っ張ってあげます。

シックスパッド・ジェルシート反り返す

ジェルシートをむく

片方剥がしたら本体のガイド枠に合わせて端から貼り付けていきます。

ジェルパッドをガイド枠に合わせて貼り付け

端から空気を押し出しつつ貼り付けます。

ジェルパッドを端から押して貼り付ける

電極がジェルで覆われていればOKです!

基本は、携帯画面に保護シールを貼るのと一緒です。

端から空気が残らないように押しながら、貼り付けていきましょう!

透明保護シートをとっておいて補修に使う

透明保護シートはとっておいて、めくれあがったジェルシートを押し付けるのに使いましょう。

かなり使った後だと指で強引に引き伸ばすという手もありますが、、

ジェルパッドを指で伸ばす

取っておいた保護シートで、浮いた端っこをギュッと圧着させることもできます。

保護シートを使って圧着

シックスパッドのジェルシートの交換時期は?

マニュアルには30回使用したら交換しましょう。

とありますが、可能な限り使用しています。

私の使っているアブズベルトでは、脇腹の部分が本体から剥がれやすく、体にくっついてしまうことが多いのです。

そのため、アブズベルトの脇部分を剥がすときは、指を入れて本体とジェルが剥がれないように指で押さえつけて剥がしています。

おかげで、ぶよぶよに変形してしまっていますが、めくれ上がった端っこを指で押し付け引き伸ばしています。

電極がジェルに覆われてさえいれば大丈夫です。

下の写真はほぼ毎日使用して2ヶ月後の状態です。

これだけ端っこがダレてきたら替えています。

だいぶへたったジェルシート

シックスパッドのジェルシートの交換の仕方は?

ジェルシートがだいぶ変形して端っこがあちこち剥がれて、指で引き伸ばしても剥がれてしまうなら、

相当、粘着力が落ちています。

ここまで使ってあげれば変えどきです。

30回以上は使えています。さすがに2ヶ月経過したら替えています。

ジェルの端からぐるぐると巻いて、まとめて剥がします。

端からクルクル巻いて剥がす

ジェルの破片が残ってしまったら。

濡れ布巾で拭き取りながら剥がしてしまいます。

汚れなどが付いていたらきれいに拭き取り乾かし、新しいジェルパッドを貼り付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

シックスパッドのジェルシートは高価です!

終盤に差し掛かると、粘着力が弱くなってきて、端っこが剥がれたりすますが、気にせず指でおさえつけています。

それでなんとかなります。

要は電極がジェルシートに覆われてさせいればいいのです。

その点を押さえておけば問題ありません。

可能な限り使って、コストを抑えましょう!

私の使っているアブズベルトでは、その名のとおりベルト状になっているので、腹筋部分のジェルパッドの粘着力が落ちても、ベルトがしっかりとまっている限り使えます。

ただ、本体が長く折り畳めないため、持ち運びには不便です。

アブズフィット2あたりの大きさが、どこでも持っていける大きさで欲しくなってしまいます。