ぽっこりお腹を引き締めたい!EMSとファスティングで!

シックスパッドのジェルシート長持ちさせる方法は?

シックスパッドのジェルシートって本当に高いですよね!

取説には、30回使用したら交換しましょう。

とあるのですが、、

貧乏性なもので。。

長持ちさせる方法を探ります。

ジェルシートのそもそもの交換時期とは?

そもそも、どうゆう状態になったらジェルシートを使えなくなるのでしょうか?

  • 粘着力が極端に弱くなって、剥がれまくる
  • 変形してしまい、電極を覆えなくなる。
  • 汚れと密着不足により電気的な刺激が弱くなってしまう。

高価なジェルシート。。使用することができなくなるまで使いたい!というのが本音ではないでしょうか。

30回使ったら、バカ正直に交換する必要はないと思います。

要するに、電極がジェルシートで覆われていればいいのです。

1ヶ月使用した後でも、ほぼきれいに張り付いている部分もあります。

ただ、強引な引き剥がし方をしてしまい、本体からジェルパッドが剥がれてしまい、肌のほうに張り付いてしまうということがあります。

また、電極から半分以上剥がれてしまい、指で押さえつけてのばしても、結構変形してしまいます。

ここまでくると、交換を考えておいたほうがいいでしょう。

そのためには、予備のジェルシートを用意しておく必要はあります。

シックスパッドのジェルシートを長持ちさせるには?

ジェルシートを長持ちさせるにはどうすればいいでしょうか?

  • 本体への貼り付け時に空気が入らないようにする。
  • お風呂上がりなど、可能な限り肌がきれいな状態で使う。
  • 剥がす時にゆっくり剥がす。

長持ちさせるには以上のことをやるしかありません。

どんなにきれいに貼っても、本体から剥がれてしまう時は剥がれてしまいますし。。

だましだまし、2ヶ月ほど使えれば十分でしょう。

アブズベルトなら粘着力が弱くなっても。。

アブズベルトなら、ジェルシート自体の粘着力が弱くなっても、ベルトにより、肌に密着させることができます。

(ベルトの圧着により脇腹部のジェルシートが肌にくっついてしまうほどです。)

ボディフィット以外は、ベルトがついていますので、可能な限り使い倒しましょう!

互換品を使うという手もありますが、、

ジェルシートの互換品を利用して、コストを抑えて、見切りを早めにつけて交換してしまうという手もあります。

互換品は品質が様々ですから注意が必要です。

そうなると日本製がやっぱり安心ですよね。

ただし、シックスパッドを購入して1年間は純正品を使うことをおすすめします。

不具合が起こっても保証を受けられなくなってしまうからです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高価なジェルシートをいかに長持ちさせるか?

やれることは限られていますし、あたりまえの対処法ですよね。

多少、剥がれても、変形しても、指でのばして使えるだけ使う!

それしかありません!