ぽっこりお腹を引き締めたい!EMSとHIITとファスティングで!

副作用が怖い?バタフライアブス(EMS)の使用で気をつけておきたい肝心なこと

バタフライアブスなどのEMSを使用していて副作用とか出ないのだろうか?

こんな疑問をお持ちの方もいるでしょう。

電気的な刺激というと思い出すのが、、、

私の場合、腰痛で通っている接骨院での、低周波・高周波治療器が思い当たります。

目的こそ違いはありますが、やっていることは、電気的刺激を流して筋肉を収縮させていることに変わりはありません。

治療で使用が認められている電気的な刺激。

筋肉を鍛えるための電気的刺激。

同じものなので安全です。

バタフライアブスは米国のFDAの基準をクリアして承認を得ている。

バタフライアブスは、米国のFDA基準をクリアしています。

FDAとはFood and Drug Administration「アメリカ食品医薬品局」のことで、日本の厚生労働省にあたる公的機関です。

バタフライアブス公式サイトの「製品概要」からの引用です。

バタフライアブスは、トレーニングによる腹筋の強化及び変化、腹部の引き締めを目的としたFDA承認取得済みの機器です。

FDA 510(k):K093368

商品名/機器名:Butterfly Toner

規制番号:21 CFR 890.5850

規制上の名称:電動筋肉刺激装置

規制クラス:Ⅱ 製品コード:NGX

間違った使い方をしない限り副作用は起こらないと考えていい。

誤った使い方とはなんでしょうか?

以下は、バタフライアブスk公式サイトの「バタフライアブスの注意事項」からの引用です。

購入の前に目を通しておくとよいでしょう。

  • めまい、吐き気、胸痛、背部痛、その他の異常な症状がみられた時は、直ちにトレーニングを中止し、継続を再開する前に医師に相談してください。
    傷口、湿疹、腫れた箇所には使用しないでください。
  • 皮膚に疾患のある箇所またはその付近に刺激を与えないでください。
  • 心臓ペースメーカーや除細動器などの体内に電子医療機器を使用している方はバタフライアブスをご利用にならないでください。当製品を使用するとペースメーカーが適切に作動しない場合があります。
  • シャワーや入浴中に使用しないでください。
  • 車や自転車の運転や機器の操作を行う際などケガや事故の危険が生じる可能性のある時は、使用しないでください。
  • 発育中の未成年または乳幼児には使用しないでください。

取扱説明書に書かれていることを守る

取説にある注意事項で気になった所は以下のとおりです。

貼る場所

顔、頭部、首、胸部、痛み・傷・湿疹・腫れ・ヤケドのある箇所には使用しない。

使用時間

同じ箇所に連続して使用しない。同じ箇所での使用は5時間以上あける。

使用強度

無理に強いレベルで使用すると、疲れや痛みを感じることがある。

弱いレベルから少しづつ試していく。

 

こうした、取説に載っている注意事項を守って使用するかぎり安全に使用することができるでしょう。

胸に貼ったり、顔に貼ったり、

腰痛に効くかな?と腰に貼ったり。。といったことは禁止されています。

また、電極ゲルパッドが肌に合わないこともあります。

普段から肌が弱いと感じている方は、パッチテストをしたほうがいいです。

体に合わないと感じ、使用を続けられないとしても、バタフライアブスを公式サイトから購入しておけば、開封済み、使用済みでも30日間内なら返品返金保証がついています。

バタフライアブスの購入は公式サイトからが安心

万が一、使用してみて、自分の体に合わないと感じ、継続して使用できない場合を考えて、バタフライアブスは公式サイトから購入するのが安心です。

30日間の返品保証があるということが最大の理由です。”>バタフライアブスは購入して開封して使ってみてからでも、

  • 思ったほど効果が感じられなかった。
  • 電気的な刺激が受け付けない。。
  • ジェルパッドが肌に合わない。

などの購入者の都合による理由でも30日間なら返品することができます。

バタフライアブス(EMS)が気になっている。。という方は試してみてもいいと思います。

また、消耗品である電極ジェルパッドのまとめ買いも安くなっています。

amazonなどでバタフライアブスそっくりの写真で出品がありますが、なんの保証も期待できないでしょう。

公式サイトからの購入が安心です。