ぽっこりお腹を引き締めたい!EMSとHIITとファスティングで!

【比較】バタフライアブスはシックスパッドと比べてどう?メリット・デメリットをあげてみた!

バタフライアブスはシックスパッドに比べてどうなのか?

バタフライアブスの電気刺激はシックスパッドに劣るのか?というとそれは違います!

バタフライアブスでもしっかりとした刺激があり、筋肉をがっしり掴まれる感覚は十分なものです。

電気的な刺激では全く遜色がありません。

どちらもグワーーーーツ!と筋肉を掴まれる感覚が得られます。

でも、使い勝手にメリット・デメリットがあります。

両方共やったことがあるので、感じたことをレビューしたいと思います。

バタフライアブスのデメリットは?

スマホとの連携がない

バタフライアブスにはスマホアプリとの連携がありません。

シックスパッドでトレーニングをするとアプリのカレンダーにマークがつきます。

これを見ることでモチベーションを持続させることができるでしょう。

でも、ただそれだけといえば、それだけです。

ちなみにバタフライアブスにはトレーニング記録シートがついています。

自分で日記でもノートにでも記録をとればいいだけのことです。

刺激する範囲が若干狭く感じる

製品自体の大きさが違うので当然のことです。

ただ実際に使用してみると、必要にして十分な大きさです。

腹筋部分に貼り付けてみるとしっかりカバーされています。

また、複数個持つことで、範囲が広がりますし、腹筋とももと同時にできて時間の節約になります。

バタフライアブスの価格は税抜き1万円弱と安いからこそできることですね。

電気刺激のパターンが単調に感じてしまう

バタフライアブスはシックスパッドに比べて刺激のパターンが単調に感じてしまいます。

バタフライアブスではオンとオフだけでデジタル的な刺激です。

ビーーーー。。。。。。ビーーーー。。。。という感じです。

シックスパッドでは、グワーーーグワッグワッグワッ。。。というふうに波のパターンに変化を感じます。

バタフライアブスのプログラムのパターンは6種類もありますが、オン・オフ時間とトレーニング時間を変えているだけです。

いつも同じプログラムだと飽きてしまうので、やるごとにプログラムを変えてみるといいでしょう。

バタフライアブスのメリットは?

バタフライアブスは同じ箇所でも5時間休ませれば使用可能

バタフライアブスはシックスパッドに比べて1日に同じ箇所に3回は使用できます。

シックスパッドでは1日に1部位1回しかできませんが、バタフライアブスでは同じ箇所でも、5時間休ませれば可能と取説には書かれています。

朝6時にやって、お昼休みにやって、帰ってきて風呂上がりにやる。

朝、昼、晩とできる計算になります。

これで、1日3回はできます!

バタフライアブスは小型軽量なのでバックに入れてどこにでも持ち運べます。

それなら、通勤バックに忍ばせて、お昼休みにこっそり貼り付けてトレーニングができてしまいます。

また、旅行先、帰省先にも気軽に持っていけるので毎日続けることができます。

シックスパッドではこうはいきません。

シックスパッドは保管の時に、大きなシートに貼り付けて置く必要があります。

製品自体大きく折り曲げることはできないので、でかい保管シートごと運ぶ必要があります。

気軽に持ち運びとはいきません。

バラフライアブスはこまめにどこでもながら筋トレができる!これは大きなメリットです。

価格が税抜き1万円弱と安いので複数同時トレーニングがやりやすい

バタフライアブスは価格が安いので、複数個同時で使用しやすいです。

バタフライアブスは税抜きで1万円弱の価格です。

シックスパッドは、腹筋するためにアブスフィット2で27,800円ほど、

レッグベルトは29,700円して両足同時にやりたいとなると、59,400円もします。

腹筋+太もも両足、3箇所合計で87,200円にもなります。

結構な覚悟が必要ですよね。

続かなかったらどうしよう。。とか。。

バタフライアブスなら、単純計算で、3個購入しても3万円弱です。

また、30日間返品保証があるので、いまいち効果が感じられない。。とか自分に合わなかったという場合、購入者の都合で返品返金ができます!

EMSってどうなの?と思っている方は試してみる価値アリです。

電極とジェルパッドが一体化しているのでつけ外しが気楽にできる!

バタフライアブスのジェルシートは電極と一体化しています。

 

一体化しているのがなぜメリットなのかというと。。

ジェルパッドの貼り替えの面倒がない!ということにつきます。

シックスパッドのジェルパッドは貼り替え式で、30回はもつと言われていますが、30回未満で交換を余儀なくされてしまうことがあります。

それは、トレーニング終了時の剥がす時に、うまくゆっくりと剥がさないと、本体からジェルパッドが剥がれ体にくっついてしまうことがあるのです。

そうなるとジェルパッドは変形してしまい、体から剥がして本体に貼り付け直そうとしても、うまく貼れなくなってしまいます。

結果、新しいジェルパッドを貼るしかありません。

シックスパッドの高価な交換ジェルシート(1枚700円!)が無駄に。。かなりの損失です。

 

バタフライアブスでは、電極とジェルパッドが一体化しているので、そもそも、そんなことを心配する必要がありません。

剥がす時にも、ジェルがシート側からはがれることは全くありません。

気兼ねなく貼り付け、トレーニングが終わったら、さっと剥がせます。

これは大きなメリットです。

まとめ

バタフライアブスの機能は必要にして十分です。

電気刺激もシックスパッドに比べて遜色ありません。

小型軽量を活かして、どこででも筋トレできます!

簡単に貼り付け、剥がすことができ、使用することの障壁が低いというのは大きなメリットです。

 

バタフライアブスなら30日返品保証があります。

使用してみて、思ったほどの強さじゃなかった。。

効果が感じられない。。

などの、購入者の都合で返品ができます。

ですので気兼ねなく、試すことができます。

試す価値はあります。

そして、次の夏にはすっきりとした腹筋を堂々と見せられるようにしたいですね!

無理に見せなくても、薄着になる夏までにはお腹周りをすっきりさせたいですよね。